ボデガスマルケスデリスカルでワイン造りのこの歴史は1858年に始まったドン・ギジェルモ・ウルタドデAmézaga - オリジナルマルケス・デ・リスカル - 外交官、ジャ​​ーナリスト、自由思想家、ボルドーの居住者1836年以来とブドウ畑の所有者を加えた上でワイナリーましたTorreaエステート(エルシエゴ)は、通常、メドックで使用されるワイン醸造技術に地元の生産を育成するために、フランスワインの専門家を雇うことDiputaciónフォーラル・デ・アラバに頼まれました。
Don Camilo hired Jean Pineau, a winemaker at Château Lanessan, on behalf of the Diputación, and sent “9,000 vines of the highest quality” (including the finest Cabernet Sauvignon, Merlot, Malbec and Pinot Noir) to their Rioja Alavesa property, where until that time only Tempranillo and Graciano had been grown.
Today many of these same vines, which now stretch across approximately 1,300 hectares, are used for making the wines of Bodegas Marqués de Riscal, which is still located within the famous town of Elciego.
(現在は149年以上前に作られたヴィンテージからなるワイナリーの印象的なワインのライブラリを収容する)1858年ワイナリー初の地下室の建物からは、ワイナリーがすぐにサイズや悪評に成長し始めました。

ニーソワインツアーできるカスタムテーラー2004年にミシュランの星を受けた最初のRiojanシェフだったワイナリーの有名シェフPaniegoが行っ料理クラスを含めるために、あなたのためにマルケスデリスカルのツアー。

今すぐ予約