ペルソ・デ・セニョランスのガリシアの邸宅を訪ねると、ガリシアは19世紀のスペイン自然主義の最前線にある田舎、封建、そして母系社会の時代に時折戻されます。今やワイナリーに改築されたこの大邸宅は、かつてスペイン大西洋の田舎に建てられた先祖ガリシアの家の壮大な例です。 16世紀に建てられた「パゾ(Pazo)」や壮大な庭園、邸宅やぶどう園は、ブエノ/マルケの家族によって世話を受けています。ワイナリーは1980年代初頭。,en

当初から、ブエノ/マーキー·ファミリーの第一の目的は、高品質のワインを作ることだった。

Pazo deSeñoransで生産されるワインはAlbariñoぶどう品種で作られています。これはガリシアの最も伝統的な葡萄で、多くはスペインのすべての品種の中でも最も高級品と考えられています。収穫から瓶まで、ブドウは処理されます彼らはほとんど愛されてケアしています:彼らは手で摘み取られ、小さな18kgの箱でワイナリーに届けられ、空気圧プレスに浸され、ステンレススチールのバットで発酵されます。ワインは、長期間ステンレススチール製のタンクで熟成されています。場合によっては、36ヶ月もの長期間にわたり、ワインが大きな特徴と複雑さを得るためには、,en

神秘的なPazo deSeñoransが包括するVIPツアーを体験するだけでなく、賞を受賞したAlbariño、非常に求められている「SeleccióndeAñada」(複雑さと微妙な面では、はるかに高い飛行機)とその有名な "orujos"は、グレープシードとスキンから蒸留され、様々なユニークなハーブとフレーバーが注入された例外的なリキュールです。,,en,Pazo deSeñorans - ニソワインツアー,,gl

今すぐ予約